スタッフブログ

同一労働同一賃金の実現に向けて

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにする必要があります。

 

■同一労働同一賃金特集ページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

■同一労働同一賃金ガイドライン

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html

■パートタイム・有期雇用労働法が施行されます(2020年4月1日施行※中小企業:2021年4月1日)

https://www.mhlw.go.jp/content/000471837.pdf

■パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書

https://www.mhlw.go.jp/content/000468444.pdf

 

category : お知らせ | posted at 2019.3.13 | posted by 山本

Yokomoto Labor Consulting Office

ページトップヘ